不可解なのはどっちだ

様々な見解があるのは当然のことで、中原正臣のようなDQNから日野原医師のような神レベルまで様々。それと厚労省の公的見解が異なっていても矛盾はない。現状「否定できず」としたのはその一人の医師の印象に過ぎないのであって、その証言一つを持ってあたかも関連があるように報じるのはいかにもマスゴミどものやりそうな印象操作だ。不勉強なクズ記者がしたり顔で医療に関する記事を書くのは日本人にとっての不幸の一つだね。

医師は因果関係を「否定できず」 タミフル異常行動死の第1例 [ 05月08日 07時44分 ]
共同通信

インフルエンザ治療薬タミフル服用後に異常行動を起こして死亡した「第1症例」として04年に報告された岐阜県の男子高校生について、診察した医師が「タミフルとの関連は否定できない」とした意見が、販売元の中外製薬作成の副作用報告書に記載されていたことが7日、分かった。厚労省は「報告を受けた後、因果関係は『否定的』とされた」としてきており、遺族らからは「不可解な対応」と批判の声が上がっている。
[PR]
by doopylily | 2007-05-08 11:15 | 記事


<< マスゴミ脳、元村有希子 モーヲタたち >>