カテゴリ:記事( 134 )

素人のブログや2chじゃないんだからさ

現役武官のしかもトップの意見表明としては政治的なメッセージ性が強すぎる。更迭で始末をつけたとはいえ、明らかに矩を越えたこの言動。日米開戦やその戦後処理に関する「正史」に異論や反論があるのは当然だが、公式には「日本が悪かったごめんなさい」ということになっている。件の論文は武官の分際で、その「正史」に真っ向から立ち向かうもので刺激が強すぎる。今後日本が払う政治的コストはどのくらいになるのだろう。いつもなら即座に反応しそうな中韓が黙しているのも同然であることも不気味だ。

<航空幕僚長>田母神氏更迭 過去にも問題発言、隊内に衝撃2008年10月31日 22時58分
毎日jp

"正式に届けず投稿した不適切な論文で、航空自衛隊トップが更迭に追い込まれた――。空自の田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長が「日本は侵略国家であったのか」のタイトルで論文を公表した問題で浜田靖一防衛相は31日夜、田母神氏を更迭した。"
[PR]
by doopylily | 2008-11-01 15:24 | 記事

TVへのレクイエム

放送局はテロやクーデターの重要目標になるぐらい大事なものなんだけど、日本のTV放送、殊に民放が垂れ流す番組のレベルの低さは目を覆うばかり。サブプライムもビックリのジャンク債ともいえる。試してみれば、一週間でも二週間でもTVをみなくても全く困らなかった。そのレベルのものを、デジタル移行するからといって役所が必死こいて新たに普及させようとしても広まらないのは当然の結果。以前に堀江貴文は「テレビを殺す」と言って物議をかもしたが、そうするまでもなく、2011までにTVは全身に転移した癌で緩徐に死を迎えるのだろう。

受信機普及46・9% 地デジ、目標達せず 2008年10月14日 16時51分共同通信


"総務省が14日まとめた地上放送の完全デジタル移行に関する緊急調査で、デジタル放送が視聴できる受信機の世帯普及率は9月時点で46・9%と、3月時点から3・2ポイントの小幅上昇にとどまった。"
[PR]
by doopylily | 2008-10-14 17:23 | 記事

印象操作のテクニック

見出しのみをさらっと読むとあたかも視察報告書の大部分が論文の丸写しであるかのような印象を受ける。例えば「千葉市の駅総点検」の記事では「もし」という断り書きをつけながらも「論文丸写しだけで済ましている」と認識しているようだし、「花  PIT-INN」の記事では「視察報告書も書けないような」としてほとんどを剽窃であるかのように表現している。
しかし記事にもあるように、「丸写し部分」は報告書52ページ中8ページ分である。どのような文脈でどのように引用されていたかは不明であるが、すくなくとも44ページ分は視察団のオリジナル文章であると考えられる。(当初の印象に反して)論文からほとんどコピペしてはいおしまい、というものではないであろう。「議員の感想や見解はまったく含まれていなかった」
とあるのはその引用部分についてであって、これもまた流し読みしているとあたかも報告書には全く議員の感想や見解が書かれていないかのように誤解してしまうだろう。引用部分に勝手に感想や見解を加えて改変していたらその方が問題だ。
また、「事前に断りがあるべきだ」などとどこかの教授に言わせているが、文章を書く上での引用にいちいち筆者に許可を得たり相談などしたりするものか。まるで「無断リンク禁止厨」のような愚鈍さ。毎日新聞が引用してくる統計資料は逐一発行元と話し合っているのか。馬鹿も休み休み言え。

<東京都議会>自公議員の米国視察報告書、論文ほぼ丸写し2008年10月3日 00時10分毎jp
”東京都議会の自民、公明両党の議員計9人が作成した米国視察の報告書に、日本都市計画学会(千代田区)の学会誌に掲載された論文がほぼ丸写しされていたことが、2日分かった。”

”帰国後にまとめた報告書(A4判52ページ)を共産党都議団が調査したところ、ニューヨークのまちづくりなどを説明した8ページ分が、学会誌「都市計画」の論文2本の内容と酷似しており、議員の感想や見解はまったく含まれていなかった。”
[PR]
by doopylily | 2008-10-03 10:38 | 記事

風の息遣いを感じ取れば防げたのではないか

理不尽に襲い掛かる自然の脅威。特に子供が水の事故や災害で亡くなるのはとても心が痛む。しかし、変態タブロイド記事垂れ流しで有名な毎日新聞はいうことが違う。そして、「風の息遣いを感じれば事故が防げたはずだ」という狂信に近いことを社説に書いた新聞社だと改めて実感した。2008.7.29付けのコラム「余禄」で筆者は言う:

”しかし、遊んでいた子供らに逃げる間を与える手だては本当になかったのか。それが悔しい”
"…夏の大気の不安定は、不意の突風、瞬く間の河川増水となって人の命を奪う。だがもたらされた惨事に人間の思い上がりや怠慢はかかわっていないか。”

つまり、夏の大気を読み、精霊の気配を察知すればこのような事故は防げたはずで、保育所の指導者と児童たちの思いあがりや怠慢がよくなかったのだ!!
…ということらしい。あいもかわらず後付けで間の抜けたことを書いてくれるものだ、、、(憮然)。
<大雨>つかんだ手離れた 神戸の救助女児、濁流に友流され 2008年7月28日 23時23分  毎日.jp
”空が急に暗くなり、津波のような濁流が突然、河川敷で水遊びをしていた子どもたちをのみ込んだ。28日午後、近畿地方を襲った豪雨。神戸市灘区では川で流された子どもら4人が死亡し、京都府向日市では幼稚園の送迎バスの立ち往生も。”
”「急に雨が降ってきて土管のようなところから水が流れ出した。あっという間に階段まで水につかり、歩こうとしたがすぐに上がれなかった」と話した。”
[PR]
by doopylily | 2008-07-29 16:06 | 記事

オヅラがまた無知を晒す

どこかの左がかった人はこういう事件が起こるたびに格差社会だの小泉改革だののせいにしているようだが、この記事はそれに対してネット上で異論が巻き起こっているというもの。記事中気になったのは

”その一方で、フジテレビ系「とくダネ!」では小倉智昭氏が「こんなの社会のせいじゃない。戦後の苦しい時期にみんなが人を殺したのか」と憤る。”

はい、戦後の苦しい時期には今の約三倍の殺人事件が発生していましたがそれが何か?そして高度経済成長が始まる昭和30年の殺人認知件数3,066をピークに以後減少していますがそれが何か?(出所:横須賀市のサイト「犯罪発生件数の分析」
こいつに限らず、TVに出てくるような司会者やアナウンサーの情緒的で無知蒙昧に基づく発言は枚挙に暇がない。やはりTVなど視聴していると次第に白痴化してくるんだろうし、未だにTVを見ているような人間はそれに近いのだろう。


無差別殺人犯は「派遣」と「無職」 これは「格差社会のせい」なのか 2008年7月23日 20時14分 J-CASTニュース
[PR]
by doopylily | 2008-07-24 09:28 | 記事

動画を見たが、まさに "minuto feliz"

「性に保守的なチリ社会へ挑戦」したから逮捕されたのかと思っていたら、どうも読み違えていたようだ。

La sensual "diosa del Metro" fue detenida antes de realizar su show en un carro (La Cuarta より)

”…La bailarina fue identificada como Monserrat Morilles, de 26 años.”
”Morilles pitó que sus actos son una manera de protestar en contra de la intolerancia en Chilito, porque la sociedad aún es cartucha. ”
つまりは、Morilles (捕まった女性)が「依然として貞淑ぶってて不寛容なチリ社会に対する抗議」としてポールダンスを行った、ということらしい。「法治国家への挑戦」みたいな文脈で「挑戦」って使うから、官憲側の視点で捉えてしまった。てゆうか「する」と「した」を見間違えていた。記事では引き続いて

”…cuatro videos disponibles en la página de internet YouTube en los que exhibe sus movimientos en torno a las barras de los vagones. ”

とあり、車両のバーで踊る様子を写したビデオを 四本Youtube に投稿したとあるので、調べてみたら85本も出てきた。

Youtube の動画

いきなりこんなことを地下鉄の車両内で始められたら ( ゚д゚) となってしまいそうだ。それにしてもどうして抗議すると称して半裸になったり全裸になったりするするんだろうか。KFCで鶏が虐待されているからと言って脱ぐ。毛皮のために小動物が犠牲になっているからといって脱ぐ。ビーチだから脱ぐ。とにかく脱ぐ。どうにも羞恥心のあり方というものが根本的に違うようだ。

世界びっくりニュースチリの「地下鉄の女神」、車内でポールダンス披露し逮捕[サンティアゴ 10日 ロイター]

”性に保守的なチリ社会に挑戦するとして、当地の地下鉄車内でポールダンスを披露していたストリッパーの女(26)が10日、パフォーマンス中に逮捕された。”
[PR]
by doopylily | 2008-07-12 12:55 | 記事

針小棒大

こういうどうでもいいような些細な「悪事」を槍玉に騒ぐ風潮にはうんざりする。

石原良純のテレビ発言に波紋 「空いた指定席に子供置いて注意される」2008年7月8日 20時41分 J-CASTニュース

”良純さんは、新幹線に子どもと乗ったとき、空いている指定席を見つけたとしてこう言った。「子ども連れてお金払ってないんだけど、まあ、小さいから、空いているから、子どもこっちへ置いたんですよ」。ところが、その行為が車掌に見つかり、「そこは指定席だから、どけ」などと言われたという。”

”ところが、所属事務所の湘南ブラザースでは、J-CASTニュースの取材に対し、なんと番組発言の事実関係を否定した。「子どもの指定席券は、買ってありました。”
[PR]
by doopylily | 2008-07-09 08:50 | 記事

恥を知れ、カメラ猿ども

飛行機内で救命中、傍観乗客の視線と写真撮影でPTSDに 2008.6.25 09:08 産経ニュース

何も出来ない・するつもりもないなら黙ってひっこんでりゃいいのに、やんやとはやし立てた上携帯やビデオで撮影するとはあきれ返るばかりだ。秋葉原の事件でもそうだったが、こういう非日常的な出来事に遭遇すると何はさておきカメラに収めないと気が済まないクズが増殖しているようだ。

"…女性は会社員。救急法の指導員資格があり、機内で倒れた男性に独りで人工呼吸や心臓マッサージをした。男性は呼吸が戻り、規則的な心拍も回復して命を取り留めた。この間、多くの中高年の日本人男性乗客らが「テレビと同じ」「やめたら死ぬんでしょ」と携帯やビデオで撮影。女性は中年男性が集まる場所で過呼吸症状が出るように。"

もう一つ疑問なのはこれ。

"客室乗務員は手伝わず、AEDを頼んだが、持ってこなかったという。"

これが事実だとすると、職務怠慢といわれても仕方がないだろう。ただただ機内で給仕するしか能がないのならとっととやめてしまえ。

*追記
鳩山法相を死神と揶揄した「素粒子」が、犯罪被害者の会からの抗議を受けた。他者の痛みや心情などどこ吹く風で平然とペンによる暴力を加える朝日新聞(に限らず、日本のマスゴミ全て)とこの野次馬の中高年どもの姿勢はどこか似通っている。
[PR]
by doopylily | 2008-06-25 09:33 | 記事

恩恵を受くるは文化庁と権利者団体ばかりなり

「JEITAの見解は独善的」――補償金めぐり権利者側が再び公開質問 [ 06月17日 13時32分 ] IT media News

「はじめに文化ありき」などとご大層なキャッチフレーズを掲げている彼らであるが、彼らが居丈高に自らの権利を叫ぶごとに違和感と胡散臭さを感じさせる。その欺瞞については、池田信夫氏のブログ(IT & Economics池田信夫 blog、「iPod課金は「消費者保護」に逆行する」)で痛快に喝破されている。

「…それ以外の著作権料を廃止するのなら話は別だが、現状では著作権料の二重取りになる。」
(上記エントリより抜粋)

要するに、崇高な理念とは裏腹に自動的に集金できるシステムをどこまでも強欲に張り伸ばし、既得権益の維持に血道をあげているに過ぎないのだ。

記事は以下の通り
” iPodやHDDレコーダーに補償金を課金すべきでないとする電子情報技術産業協会(JEITA)の見解を受け、権利者側の89団体は6月16日、JEITAに対して公開質問状を送ったと発表した。

 質問状を送ったのは、日本音楽著作権協会(JASRAC)など28団体が参加するデジタル私的録画問題に関する権利者会議と、日本芸能実演カ団体協議間に加盟する61団体。

 JEITA の見解について「長年にわたる私的録音録画小委員会での議論を無視するような見解。著作権法の趣旨を曲解した独善的な意見であり、国民に誤解を与えるものと言わざるを得ない」と批判。「JEITAの見解の真意をただす」として、8項目の質問に回答するよう求めている。

[PR]
by doopylily | 2008-06-17 16:27 | 記事

居心地の悪さ

この事件に関していろいろ報道されてて、短絡的にオタク文化や凶器の規制、格差社会といったキーワードで安易に図解して見せる言説もネットでは飛び交っている。その中で気になったのは下記のくだり。

<秋葉原殺傷>大丈夫や!…惨劇の中、応急処置 徳島の医師 [ 06月11日 11時40分 ]
毎日新聞社

”…周囲の店員や通行人らが、負傷者の処置を手伝ってくれた。一方、救助を手伝わないで負傷者をのぞき込んだりするだけの人も。「殴ろうかと思った。最悪です」と憤る。”

もちろんいきなり救急措置をやれといわれても躊躇い身をすくめるのは当然だし、パニック状態の中で人助けをやるというのは難しいだろう。しかし、事件を報道するレポーターの背後で意味不明ににやにや笑っていたり、一心不乱に書き込みをしたり写真を撮ったりする人を見るにつけ、何か違和感というか嫌悪感を感じた。正直、犯人よりもこんな人たちが多い社会の方が背中寒く、居心地が悪い様に思える。
[PR]
by doopylily | 2008-06-11 15:08 | 記事