<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NODA・MAP第11回公演 「贋作・罪と罰」

野田地図
スケジュール

同HPより転載
~ものがたり~
江戸開成所の女塾生・三条 英(さんじょう はなぶさ) には、ある確固たる思想があった。

『人間はすべて凡人と非凡人との二つの範疇に分かたれ、
非凡人はその行動によって歴史に新しい時代をもたらす。
そして、それによって人類の幸福に貢献するのだから、
既成の道徳法律を踏み越える権利がある。』

その思想に突き動かされ、英はかねてよりの計画通り、金貸しの老婆殺害を実行に移してしまうが、
偶然そこに居合わせた老婆の妹までも手にかけてしまう。
この予定外の殺人が、英の思想を揺さぶり、心に重い石を抱かせてしまう。
殺人事件の担当捜査官・都 司之助(みやこ つかさのすけ)は、事件の確信犯的な性質を見抜き、次第に
英に対して疑惑の目を向け始めた。
それに気づいた英は、都の仕掛ける執拗な心理戦を懸命にしのごうとする。
一方、英の親友・才谷 梅太郎(さいたに うめたろう) は、罪の意識に苛まれ苦しむ英の異変に気づき、その身を案ずるが、才谷もまた、同時代の、より大きな歴史的事件の渦中にいたのだった。

1867年夏。
時あたかも尊王倒幕の機運高まる幕末の真っ只中、「ええじゃないか」踊りが江戸市中を埋め尽くす。
新しい時代を目前に、無血革命を目指す、坂本竜馬。
竜馬の密通を疑い、武装蜂起を煽る志士たち。
そして、彼らの背後では、ニヒリスト溜水 石右衛門(たまりみず いしえもん) が暗躍する。

果たして、目的は手段を浄化するのか?!
永遠の命題が甦る革命前夜、
ついに三条 英が心のうちを語り始める・・・・・!
[PR]
by doopylily | 2005-10-28 01:31

大阪地裁の違憲判断は傍論でのことで拘束力なし

Excite GLTCg : j[X

「建前論での日中友好」は重要だけど長年の宿敵(元寇よりもっとさかのぼるかも?)
相手に如何に出し抜こうとか優位に立とうとかゆう点はより重要だよね。
毎年の靖国神社参拝、そのメリット・デメリットや如何に?
[PR]
by doopylily | 2005-10-17 23:36

靖国神社参拝=違憲、と傍論でのべた大阪高裁判決に拘束力なし

全ての朝鮮の方が靖国と聞くと理性を失うのかと思っていたらそうではないようだ。
マスコミに取り上げられるのはエキセントリックに日本国旗を燃やしたり噛みついたり
するような人ばかり。宣伝と大声での主張、所詮根本的に分かり合えない国際社会では
重要なワザですよね。

靖国参拝
[PR]
by doopylily | 2005-10-17 23:25

Poverty And Medicine

CFAH
1. The influence of socioeconomic status on personal health cannot be explained solely by access to good health care. Also playing significant roles are health behaviors (diet, exercise, smoking, abuse of alcohol and drugs) and stress associated with disparities in income, wealth, education, and occupation.(1,2)
2. Poverty and near-poverty create special health risks. In a December 1997 New England Journal of Medicine study, older people who reported being "disadvantaged" (at or below 200 percent of the poverty line) on three occasions had a three to four times greater risk of physical dysfunction than those who reported never living below the "disadvantaged" threshold.(8)
1. Adler, NE, et al., (January 1994), "Socioeconomic Status and Health: The Challenge of the Gradient," American Psychologist, pp. 15-24.
2. Adler, NE, et al., (June 23/30, 1993), "Socioeconmic Inequalities in Health: No Easy Solution," JAMA, pp. 3140-3145.
8. Lynch, JW, Kaplan, GA, et al., (December 25, 1997), "Cumulative Impact on Sustained Economic Hardship of Physical, Cognitive, Psychological and Social Functioning," New England Journal of Medicine, pp. 1889-1895. Contact - Lynch: 313-647-9548

郵政月報159巻2001目次
米国の健康(医療)保険の歴史と現状・・・ 管理医療、HMOを中心に (pdf)
心筋梗塞のメディケアの患者に対する調査では、わずか21%の
人たちしかベータブロッカーを投与されていなかった。投与され
た患者の死亡率は、そうでない患者より43%少なかった。
推定1万8千人の人が有効な救急処置を受けられずに心臓発作で
毎年死亡している。

外務省中南米データ

UNDP
[PR]
by doopylily | 2005-10-15 11:50