<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本日の記事

1)県循環器病センターで 鎖骨下 CV ライン挿入時に動脈を穿刺、胸腔内出血で心肺停止。
その後脳障害を起こしたのが2004年4月。2006年6月25日肺炎で死亡。直接の原因かどうかは判断できないとして市原署に通報。

2)佐倉・房総縁の版画家、佐倉市立美術館で「佐倉・房総ゆかりの作家たち」展(~7/17)。就学期を銚子で過ごした浜口陽三(フランスで学んだ銅版画を元にカラーメヂソントという技法を開発)、独学で習得した版画技法をメキシコに伝えた深沢幸雄。

3)木更津市築地地区にある新日鐵所有の遊休地に大規模商業・娯楽施設が2008年3月に開業予定。出店についてはショッピングモールにイオン、飲食・フィットネスをロジコム。

4)栄町のにぎわい復活を目指して中央区役所で「栄町まちづくり社会実験推進協議会」第二回会合が6/27開かれた。小中学生を対象にアイデア募集、企業などを対象とした「実施事業」の公募を決定。

5)そごう千葉店(吉田修一店長)の本館が第二弾改装から6/27で一ヶ月。来店客は同年同期と比べ四割り増しの220万人。船橋など県西部からの客足も伸びた。売上高は2割り増しの約80億円。店舗数倍増の10Fレストラン街は売上高三倍となった。ただし、女性向け衣料・雑貨の別館は苦戦中。

6)オージービーフ。ゴールドコーストから内陸へ150km、食肉企業ストックヤード。霜降りのため牧草のみ成らず穀物飼育を増やし、対日輸出の50%が穀物飼育となった。NZ産は9%と4倍増。カナダも個体識別精度を義務化。

7)宮澤賢治「稲作挿話」
これからの勉強はねえ
テニスをしながら商売の先生から
義理で教わることではないんだ
きみのよにうさ
吹雪やわずかの仕事のひまで
泣きながら
体に刻んでいく勉強が
まもなくぐんぐん強い芽を噴いて
どこまでのびるかわからない
それがこれからの新しい学問の始まりなんだ
[PR]
by doopylily | 2006-06-28 23:33

本日の記事

1)姫路城
多羅葉・・モチノキ科の高木であり、葉の表面を傷つけると変色するので文字を書ける。

2)東京都観光汽船(㈱)の”ヒミコ”、松本零士デザイン。50分1520円で浅草吾妻橋から
お台場海浜公園。アナウンスは銀河鉄道999の声優。東京都観光汽船

3)改正道路交通法
(財)東京都道路整備保全公社の「平成17年度路上駐車実態調査」によると平日のピーク時に駐車場に車が止めきれなくなるのは秋葉原駅、高田馬場駅、両国駅周辺など10地区にとどまった。

4)ランブルストリップス
平成4年から13年度までワーストワンだった北海道の交通事故死亡がついにその座を譲った。その功労者は中央線に溝を掘ってこれを超えたとき音を出す「ランブルストリップス」にあるようだ。

5)「若者」言葉でカーブの注意
東京都檜原村の街道に「超急カーブ」との表示が。地域を管轄する警視庁五日市署が東京都に依頼して整備。

6)やっとモーターのコイルが暖まってきたところだぜ
電動車両メーカーのアクスルがゲネシスと共同で高効率の「SUMOモーター」を開発。永久磁石と電磁磁石の両方を使う。電動バイクの一充電走行距離を二倍にするという。
2004東京モーターサイクルショー
7)JAFで
6/15-8/31 品川プリンス 12500円-、エプソン品川アクアスタジアム水族館入場券付き
6/15-7/31 東京プリンスホテルパークタワー 27200

8)いすみ鉄道
約70%を高校生が使っているが、これが存続の危機。大多喜高校で反対組織を一本化。

9)八日市場青年会議所「さつまいも大作戦」お菓子コンテストで、「さつまいもプリン」が最優秀賞。旭市座古千寿子さん。

10)「悪党芭蕉」嵐山光三郎
「古池や蛙飛び込む水の音」の深川芭蕉庵前の古池には八百屋お七火事で焼死者が底に沈んでいる。
[PR]
by doopylily | 2006-06-21 08:44 | 記事

犯した罪の重さ

山口母子殺害、元少年の無期判決破棄 死刑の公算大
法律については詳しくはないが、「無期懲役では社会正義に悖る」「死刑を回避する理由が不十分」とのことでの差し戻しだから、おそらく次の高裁判決は死刑なのだろう。本件に関して
死刑反対派が自らの主義・信条のために利用しているような臭いが現在の被告側
弁護人に漂っている点が、元々の犯罪の非道ぶり、容疑者のクズさ加減に輪をかけて市井の人々が嫌悪感をつのらせている。法は法それ自体の為に存在するのではなく、あるべき社会を規定するためにあるのだろうから、本件についての最高裁の判断を支持する。


元々のニュース
「山口県光市で99年に起きた母子殺害事件の上告審判決に対し、被告の元少年(25)に死刑を求め続けてきた遺族の本村洋さん(30)は「最高裁自ら判決を下してほしかった」と静かに切り出した。一方で、無期懲役判決の破棄で、被告が死刑になる可能性は高まった。」
[PR]
by doopylily | 2006-06-21 00:15

クローディアの秘密

1)天声人語(2006.6.9)より
「開館と閉館の時間帯は、トイレに身を隠して守衛を出し抜き、夜は、展示品の16世紀のベッドにもぐりこむ。スリルに満ちた生活を送っていた2人は、美術館が新たに入手した天使の像に興味を持ち、それがミケランジェロの真作であることを突き止める。」
「メトロポリタン美術館を訪れる子供たちの質問が、この本にあまりにも集中するので、美術館は、数年前に子供向けのパンフレットを出した。」
Asahi.com

2)Amazon.co.jp より
「クローディアの秘密 」 岩波少年文庫 (050)
E.L.カニグズバーグ(作), 松永 ふみ子(訳), E.L. Konigsburg
# 単行本(ソフトカバー): 242 p ; サイズ(cm): 18
# 出版社: 岩波書店 ; ISBN: 4001140500 ; 新版 版 (2000/06)
Amazon.co.jp

3)Amazon.co.jp での原本(「なか見!検索」付き)
From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
E. L. Konigsburg (著)
アマゾン洋書

4)メトロポリタン美術館
HP上でのFAQより
"Since 1967, when Claudia and her brother roamed the halls of the Metropolitan Museum of Art, many changes have occurred. Unfortunately, the Renaissance bed is not on display now, nor are the pool and the fountains where Claudia and Jamie bathed and collected funds for their adventure. There are several beautiful beds, fountains, and pools of water in different parts of the Museum, but these are only for viewing."
[PR]
by doopylily | 2006-06-09 09:03