<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

携帯早打ち

goo ニュース
米国のオレゴン州でこのほど、携帯電話のメール早打ち大会が開かれ、18歳の男性が160文字を41.00秒で入力し、新記録を達成した。従来の最短はシンガポールの少年の41.52秒。主催の携帯電話会社が26日(現地時間)に発表した。

 課題文は「Therazor-toothed piranhas of the genera Serrasalmus and Pygocentrus are the most ferocious freshwater fish in the world. In reality they seldom attack a human.」で、和訳すると「鋭い歯を持つピゴケントルス属とセルラサルムス属のピラニアは世界で最もどう猛な淡水魚。実際には、めったに人を襲はない」という意味。英語圏では共通の課題文として定着しており、シンガポールの記録もこの文章だった。
[PR]
by doopylily | 2006-12-29 16:19 | 記事

こりゃみっともねぇ、姐さん!

石原真理子が森本レオを激しく攻撃するワケ [ 12月28日 15時00分 ]
強姦だの不倫だのを肯定的に捉えているわけではないが、カビの生えた「スキャンダル」をさも得意げに振りまく様は痛すぎる。25年たって「許せません」なんて言っても説得力のない
単なる売名行為だろ、そりゃ。鬼平犯科帳『昔の女』で、婆になった遊女(だったかな)が
昔の客の前に現れて小銭を無心する件があったけどそれとダブって見える。痛い上にみっともねぇよ、姐さん。
[PR]
by doopylily | 2006-12-28 19:41 | 記事

赤ちゃん預かり

アメリカでは消防署がやっている
カリフォルニア州では、No Blame, No Shame, No Nameというキャッチコピー(誰にもしかられないし、恥ずかしがることもない、そしてあなたの名前も尋ねませんという意味)とともに、このプログラムを、育てる能力のない親に対し、行っている。
[PR]
by doopylily | 2006-12-18 08:52 | 記事

20061206

・宇和徳州会病院の生体腎移植を巡る臓器売買事件で、臓器移植法(売買の禁止)の罪に問われた患者の初公判があり、即日結審。判決は12/26.
・成田市長小林攻から直接から直接指示を受けたのはいずみ清掃工場を管轄するクリーン推進課長だった。文書に残る市長決裁では競争入札だったが、口頭で随意契約を指示される。その旨引き継ぎ書には書かれていた。
・12/5富津市スイミングスクールのバスが街路樹などに衝突、運転手が意識を失ったためのようだ。
・阪神高速神戸線下り線で運転していた徳島県東みよし町の「藤村運送」トラックより約3tの鉄箱が二個落下、後続の軽ワゴン車の一人が死亡。
・大多喜城二代目城主本多忠朝(ほんだただとも)=本多忠勝野の次男、徳川四天王の一人。34歳の時大阪夏の陣で討ち死に。難波戦記に討ち死にの詳細。1609年には御宿沖に漂着したメキシコのドン・ロドリゴを手厚くもてなした。この本多忠朝の企画展が県立中央博物館大多喜分館で開催されている。
・市原市柿木台「市民の森」で12/28まで夜9時までクリスマスイルミネーション。地図
・東京女子医大八千代医療センター開院@20061205。東葉高速鉄道八千代中央駅からすぐそば。小児を含む救急医療受付、総合周産期母子医療センターもある。
・コメ作況指数は96=やや不良。吸収は台風の影響で特に凶作、全国107万二千トンのうち
佐賀が9万4200㌧で全国最多。作況指数は佐賀49,長崎68で戦後最悪。北海道は逆に
好天に恵まれ105の豊作。
・東葉高速鉄道の財政支援継続。債務超過に陥った第三セクターである。三千億円超の有利子負債。県、船橋市、八千代市、東京メトロによる総額220億円の出費を継続。沿線の開発には国が主体的に参画。
・鴨川市宮山の市総合交流ターミナル「みんなみの里」地図で今年もジャンボ門松。

・防犯自販機の設置は、地域の安全を守る活動を続けるNGO「PFIジャパンカインドネスリンク」が実施している。既に全国に約二百台設置してあるが、県内では今回が初となる。第一号となったのは、中央区のミヤ美容室前の自販機。硬貨投入口付近にボタンが装備してあり、子どもやお年寄りが路上で犯罪に巻き込まれたときにそのボタンを押すと、赤色灯が点滅し、警報音が四十五秒間周囲に響き続ける。

・2020年までに再び月に人類を送ることを目指している米航空宇宙局(NASA)は4日、月面基地を極点に建設する構想を打ち出した。アポロ計画では到達することが目的だったが、月への植民にも道を開く恒久的な基地建設を初めて明確にした。日本、中国、ロシアなど13カ国の宇宙機関も関心を寄せており、国際宇宙ステーション後の国際的な宇宙開発プロジェクトに発展する可能性が出てきた。有力な建設候補地は、南極点付近にある直径約19キロの「シャクルトン・クレーター」外縁部の高地。4つの居住棟や太陽光発電装置、食糧や機器を保管する倉庫、酸素発生装置などから成る施設群を建設する。NASA "Why the moon?"

・「ダーウィンの悪夢」フーベルト・ザウパー監督来日、記者会見。映画は12月下旬シネマライズにて公開予定。巨大外来魚ナイル・パーチ、グローバル化の悪夢、アフリカの現実。
[PR]
by doopylily | 2006-12-06 23:59 | 記事