<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

内田樹がネットカフェに噛み付いた

「収入の少ない彼らから金をむしりとるネットカフェは悪質、ずっと寝泊りすると郊外でアパートを借りられるぐらいの値段設定なのは許せない。宿泊施設としてもお粗末だ」
といった主旨で非難していたな。貧困層への暖かいまなざし、のつもりだったのかもしれないけど噛み付く相手が違うよね…。むしろ働いても飯場レベル(あるいはそれ以下)のところでしか寝泊りできない賃金体系や不動産賃貸契約の敷居の高さとかを論じる方がよほどロジカルだと思うんだが。

ネット喫茶難民5千人超 高年齢層にも広がる [ 08月28日 09時51分 ]
共同通信

”住所不定でインターネット喫茶を泊まり歩くネットカフェ難民が全国で5400人と推定されることが28日、厚生労働省の初調査で分かった。20代が27%と最多だが、50代も23%おり、高齢層にも拡大。半数が日雇い労働で、低賃金の不安定な仕事が背景にあった。”
[PR]
by doopylily | 2007-08-28 14:48 | 記事

諸々

07.8.10 IS 値ー耐震、いすみ鉄道会議、君津消防無線ノイズSTR-VZ555ES, sony.hoikuen kyuushi

07.8.15
b mr trpt, cover; LS Lowry "pond"
07.8.16
大規模盛土造成地滑動崩落防止事業 
初適用
JAL sur chaege up
Chile EPA signed
shnghai cooperative org army beyond border
pet bottle dryice bomb
Inoue komichi 67yo, 犬供出
star rabbits chiba sci. univ. tachiyori。地域安全に関する協定を交わす。
palplaza 5y elong, くふ楽で光明
千葉市ゆかりの家ー稲毛、浅間神社

07.8.23
6147万 kw. 2h  day, 随時調整契約 供給制限 17年ぶり。
小中教員21000 人 up.
ナーシ、ロシア青年運動組織。プーチンきもいり。
ダティ仏司法相弟厳罰化で実刑。
県立病院赤字19-oku. sawara 7.7, togane 6.8, jyun 6.3
黒魔女さん 人気。五十万部。
07.8.24
農地法改正、耕作者所有原則(自作農主義)を転換。
中華航空事故、スラットのボルトはずれ、トラックカンから燃料タンクへ。
新説 東京地下要塞 講談社
米大統領事前マニュアル、抗議「対策」部隊ーボランティア。カメラの前にはだかって反大統領的な横断幕を隠したり。
中国 Baby M:F-1.18:1
ミャンマー石油製品価格最大で5倍、デモ。反軍政の色も。
[PR]
by doopylily | 2007-08-27 09:26 | 記事

20070826

・開業医うつ研修、2008年から。
・ブラジル県人会50周年
・有料老人ホームの定義件で解釈拡大
・改正都市計画法により大型店の郊外立地が原則禁止へ。11月末から完全実施。名寄のイオン北海道(旧ポスフール)の出店を阻止しようとしたが条例改正前着工で逃れる。長崎県長与町では地元と県でねじれ
・上半期の中国人来日43万人、去年より24%上昇
・アクティブブレインズ(旧ママパソコン教室)隆盛、1996-
・ANAラウンジ コンシェルジュ 祢宜 沙友里
・ホームタウン推進事業、試合日は市役所受付係がユニフォーム
・ベイサイドジャズ千葉、26日モノレール内で演奏、4000円043-221-2411
・平賀源内 西洋婦人図 1770年代、プルシアンブルーが使われていた
・人材紹介手数料率上昇(例 インテリジェンス への注文100%。年収800万円の社員の場合手数料800万円を意味する)。全体で手数料上がり傾向。情報処理技術者3.41倍、医療技術者1.84倍。日本版SOX法(企業改革法)に詳しい人も需要高し。「特別な一人」を高値買い
・ネット企業SNS型好調、ポータル型苦戦。ヤフー1-3月期で2%減収、エキサイト4-6月期広告収入28%減・経常損益二億8800万円赤字。
・防衛装備品調達費抑制へ新方式、予め価格を決め原価削減分は企業の取り分。契約期間後の次の価格はコスト低減分を反映。現行は原価に5%乗せ。
・誰でも「匠」のシステムというイノベーション。プリンター製造のローランドディージー、熟練工不要のシステム。静岡県浜松市都田事業所。組立手順が図入りで写り、必要な部品だけが取り出し口から。ヘッド部分の調整に従来は熟練が必要だったがこれも画面の指示通りで誰でも。
HPの昭島事業所、サーバー群のケーブル配線のためには熱がこもらないようになど熟練が必要だったがこれもマニュアル化。自前の半導体PS3 vs 汎用性の高い部品を使ったWii DSで後者に軍配。
・金融庁方針、リスク商品運用の厳格監視。
・民主の農政基本法案、農・林道費削減で米や麦農家の所得補償を謳う。食料自給率を10年で39%から60%へ挙げることを目指す。効率化を目指す政府案と真っ向から対立。おりしも農地法改正により自作農主義が放棄された。
・シカゴ気候取引所で排出権の先物商品売りだし。京都議定書に基づく排出権取得制度の一つ・クリーン開発メカニズム(CDM)を元に発行される。
*CDM 日本ではエネオスのベトナム・ランドン油田随伴ガス回収・有効利用CDMプロジェクトなど。
・能登半島地震で漆器の作業所である「塗師蔵(ぬしぐら)」が壊滅的被害。非住家のため被災者生活再建支援法の支援金支給の対象外であり取り壊しが相次いでいる。
・荒畑寒村 大杉栄の親友、平民社堺枯川に私淑、管野須賀子と結婚、千葉の刑務所に服役中管野を幸徳秋水に取られる。
・外航海運活況、商船三井社長・談。欧州航路20%伸びを見込む。北米航路が6.5%増で
予想の3ポイント目減り。住宅関連資材減少。世界の鉄鉱石輸入量の半分を占める中国1ー6月が16.5%上昇。受給は逼迫、運賃上昇傾向。三井は採算の良いバラ積み船のスポット運行比率が大手で最も高い(三割強)。1997アジア通貨危機で新造船減少の影響で2010までは強基調が続くか。
[PR]
by doopylily | 2007-08-26 13:55 | 記事

ショー

スポーツが急死を高めるか否かについては議論があるようだが、負荷が高いとそれだけリスクは高まるようだ。そして、暑い日のスポーツは脱水を招きやすく、血の塊が出来やすい。もし本当に70km続けて走ったのだとしたらそれはとても危険だろう。しかし、歩き歩き休みながらの「70キロマラソン」であったといわれており安全には配慮したものだった模様。休憩中にも煙草を吸っていたのはいただけないが。男で、66歳で、喫煙者ということになれば元々心筋梗塞などで急死のリスクは高い。番組放映最中にそんなことになったらどうするつもりだったのだろうか。

ちゃん70キロマラソンは非常識・日本禁煙学会 [ 08月21日 10時00分 ]
ゲンダイネット

”やっぱり、欽ちゃんに70キロも走らせるのは非常識――。禁煙の普及を勧める「日本禁煙学会」が、日本テレビ系で18~19日に放送される「24時間テレビ『愛は地球を救う』」に「待った!」をかけた。ヘビースモーカーの萩本欽一(66)が70キロマラソンに挑戦することに関して、「医学的に見て極めて非常識」とする見解を報道各社に送った。高齢、ヘビースモーカー、そして連日の猛暑を理由に挙げている。”
[PR]
by doopylily | 2007-08-24 09:20

脳内国際慣習

苦しいいいわけだな。繰り返し流れるのは事故時のだろうに、せせこましい努力が泣ける。
ブランド低下イメージ画像といえば、盗難に入られた家屋の現場中継映像におけるサッシとかに張られてるセコムのシール。あれってこれ見よがしに写しているんだろうか。それとも威嚇効果を狙って目立つところに張るから自然とカメラに収まってしまうのか。セコムしてたからって盗難が防げるわけではないことを嫌でもわからせてしまう映像だが、それに耐える姿は尊い。中華航空は見習って謝罪と賠償を(以下略)。そういえば賠償放棄を定めた日華条約廃止にしちゃったけどそっちはどうなってるんだろう。
中華航空>事故機の英語社名と花マーク塗りつぶす [ 08月22日 10時13分 ]
毎日新聞社

”那覇空港で中華航空機が爆発、炎上した事故で、中華航空は21日、事故機の胴体左側面にある「CHINA AIRLINES」という英語の社名ロゴと垂直尾翼にある紅梅の花のマークを白いペンキで塗りつぶした。”

”中華航空の広報担当は「国際慣例に従った。詳細はよくわからない」”
[PR]
by doopylily | 2007-08-22 14:35 | 記事

マスゴミによる恣意的な情報操作

自説の展開を補強するのに都合の良い情報だけを述べるのは、表面的には誤りではない。しかし、その情報の取捨選択においてひどいバイアスがかかっている場合にはたちまち信用のならない文章となる。そのような低質な情報を垂れ流しているのが日本のマスゴミである。
日本のマスゴミを擁護するものは厳しい自己チェックがあるから、自ずからその質は保たれると主張する。しかし、その結果を見れば自己チェックで検出しうるのはマスゴミ内部でのみ通用する論旨展開と修辞に関する誤りの有無に過ぎず、各方面の専門家にとってはしばしば嘲笑と憤怒の対象となるような代物であることがわかる。

さて、経営危機もささやかれる毎日新聞のこの記事のどこが素人的でまずいのか。まず指摘できるのは自然淘汰と、人工的に淘汰しようとする優生思想の区別がついていない点にある。少なくともこの記事で引用されている部分については優生思想と断定は出来ない。自殺にいたりやすい遺伝子などは未だ同定されていないが、「自殺にいたりやすくしたがって自滅する」という文言には人工的な介入の要素はない。

BBCのアーカイブによると、「優生思想的である」として大統領選のときにサルコジが批判されたのは以下の通りである。
仏雑誌「Philosophia」 のインタビューの中で、サルコジは「小児性愛者は生まれついての小児愛者であり、この病的な心理を治療する方法がないことも問題だ」と述べた。これが左派のJose Bove候補をして「優生思想的だ」と批判せしめた。しかし、サルコジの主張が「小児性愛者は遺伝的に劣っているのでその生殖能力を奪うべし」というものではないのは明らかだ。欧州諸国では少なくとも20世紀初頭以来性犯罪者に対する「去勢」は行われていて、再犯率を低く抑えることができた、という報告もある(当然逆の結果のものも)。優生思想というよりは再犯を防ぐという文脈で理解するべきで、毎日新聞のこの記事は相当偏っている。歴史的な背景を無視している上、米国においては性犯罪者に対する薬物的・外科的「去勢」が行われているという事実について触れていないからだ。あたかも右翼的なサルコジがナチスの思想にもつながる優生思想に基づいて性犯罪者に「去勢」を強要している、という誤解を読者がするように毎日新聞が仕向けているようにも思える。欧州・犯罪対策についての記事@TIME2002
にもあるように、サルコジが内相に就任した2002の時点で、フランスに限らず徹底した犯罪の取締りの要求が欧州において高まっていたことは明瞭だ。
そういったことも知らない「無垢」な人たちはすぐにだまされてしまう。如何に新聞に書かれていること=真理という勘違いが蔓延していているかがわかる。そして、以下のような脊髄反射的なブログ記事を書いてしまうのである。


”優生思想はいかんでしょう
※簡単に言えば、コーディネイター(調整した人)作ろうぜ思想ってところかなそら、ヨーロッパでその思想出せば批判来ますわな。
これが、「生まれてくる子に文句を付ける」というのであれば、倫理上大問題です。”(「Ba・ネットより」

<幼児性愛犯罪>「投薬去勢」も視野に規制強化…仏大統領 [ 08月21日 10時55分 ]
毎日新聞社

サルコジ大統領は強硬な犯罪対策論者として知られており、先の大統領選挙戦中も幼児性愛者などについて「生まれつきの性癖。(10代の自殺者も)生来の悲観性から自滅しやすい」と優生思想を展開し、心理学者らから批判を浴びた。
[PR]
by doopylily | 2007-08-21 23:55 | マスゴミという産業廃棄物

薬で「去勢」、大いに結構。

「去勢」という単語のインパクトが強いせいか、玉切れ!!とか勇ましい発言が散見される。
既に実施されている米国では州ごとに異なるが、例えば被害者が13歳未満の性犯罪二回目では薬による去勢を必須としているところや(カリフォルニア、アイオワ)、一回目から対象とするところ(オレゴン、ルイジアナ)など様々。テキサスは自発的な「玉切り」のみが許されている。その費用についても州が持ったり、一部を性犯罪者が負担したりなどいろいろある(1)。これを刑罰とみなすのか治療とみなすのか、あるいは倫理上是なのか非なのか。一筋縄ではいかない問題が横たわるものの、一定の比率でこの「去勢」が社会のためにも、本人にとっても必要な場合があるはずだ。「治療」を前面に押し出せば日本にも法制化の道が開ける…わけねーか。

(1) Scott CL, Holmberg T. Castration of sex offenders: prisoners' rights versus public safety. J Am Acad Psychiatry Law. 2003;31:502-9.

性犯罪に「去勢」措置も 仏大統領が性犯罪防止策 [ 08月21日 08時14分 ]
共同通信

 ”【パリ21日共同】フランスのサルコジ大統領は20日、子供への性的虐待など性犯罪防止のため関係閣僚会議を開き、再犯の恐れがある性犯罪者には、ホルモン療法による「去勢」措置や隔離施設への収容を行い、刑期を終えた後も社会復帰を許すべきではないとの考えを強調した。フランスでは、未成年者への暴行などの罪で収監された男が、刑務所を出所直後に5歳の男の子を誘拐、暴行した疑いで逮捕される事件が発生したばかり。”

サルコジの「優生思想」発言・対立候補者の発言@BBC記事
欧州・犯罪対策についての記事@TIME2002
[PR]
by doopylily | 2007-08-21 14:01 | 記事

200818nikkei

・連鎖株安歯止めをねらい、米公定歩合緊急下げ(FRB-0.5%で5.75%、FFは据え置き)。FRBはFF金利を政策金利としている。FRB→民間金融機関に貸し出す金利である公定歩合は「最後の貸し出し手段」という性格が強く、通常は高く設定されている。
・7/17、日経平均終値874円安、円は一時111円。三日連続年初来安値、2000.4.17以来の下げ幅。円高で加速。外国人投資家(東京株式市場売買代金の六割を占める)は過去4年38兆円もの日本株を買い越してきたが、その理由にはデフレ脱却期待。しかし、政治不信・買収ファンドに対する厳しい司法判断など日本株敬遠要素↑。
「円借り(円キャリー)取引」を膨らませていた海外ヘッジファンド、世界的株安をきっかけにリスク回避のため取引解消、円買い増加、円高につながった。特に金利差の大きい対豪ドル(↑22%)、ニュージーランドドル(26%)で円が急上昇。
・不払い問題で点検期限が9月末。点検未了分が170万件、大多数は顧客への支払請求・医師の診断書取り寄せが必要なもの。しかし、DMでの請求に反応なし、電話・訪問に応答無し、転居で連絡先を把握できない-の三つの「ない」が障壁。役所では転居先を回答せず。外資系生保では「弁済供託」で決着を図ろうとする動きもある。
・規制緩和特区、官の抵抗強く下火に。2007.7に認定した特区は計20件で、最低水準。どぶろく特区は成功例とされている(観光客が全国で150万人増えたという)。が、雫石町の「わさび風味」申請却下、検討したあとも無し。杉並区の河北総合病院、ER特区として、米国人医師を招聘しようとしたが、米国の医師免許による日本での医療行為を認めず。内諾を得ていた一人は米国医師免許を持つ日本人であったが「日本語での意思疎通困難」と却下。
・故スティーブ・マックィーンのフェラーリ、CA・モントレーでの競売において二億六千万円で落札。80年の死去後、カリフォルニアの修理専門家が買い取りレストアしたもの。
・独シーメンス社には、管理職クラスだけで90人の「名誉職裁判官」がいる。これは労働裁判に市民代表として参加するもの。欠員が生じれば緊急呼び出しもあるし、出張の多いものは各々代理を決めてある。が、中小企業では休みが取りにくい所も。
・木下晋(1947-、富山県)の鉛筆画を目黒区美術館で9/9まで。「在りし日の想い」は最後の瞽女(ごぜ)であるハルさんの晩年を描いたもの。1981、新潟の温泉宿でバスに乗り遅れもう一泊することになり、その時宿の主人を介してしりあった。
・「日展100年」展、洋装の麗子像(岸田劉生画)など。六本木新国立美術館では9/2まで。
・BIOMBO(葡・西語)で屏風。間仕切などの機能の他、通過儀礼時の調度品としての役割も。
今回安政三年(1856)に蘭王ウィレム三世からおくられた蒸気船スムービング号の返礼として送られた10双の屏風(狩野派の画家による)が里帰り。サントリー美術館の六本木移転記念で9/2から10/21まで。
・中国オンラインゲームナインユー、大阪証取ヘラクレス市場への上場を断念。主力ゲーム「オーディション」に関し、韓国T3社に対するロイヤリティー支払に関するトラブルから。
・ドンキホーテ最高益、連結決算での経常利益が157億円。
・ウォルマート20%以上エネルギー消費を減らす目標を掲げたモデル店舗をMO・カンザスシティーに開店。2005のハリケーン・カトリーナ後の環境意識高まりを受けて。
センサーで客を検知、その部分だけショーケースの照明を点灯、光源はLED。ショーケースからの廃熱をパイプ内の水で回収、暖房・トイレ・調理などで利用。海のエコラベルを貼付した魚介類、ハイブリッド車増加、取引先6万社を簡易包装の度合いで格付け。冷房をレジ周辺に集中。また、TXとCOでは風力発電を導入した実験店を一店ずつ。
[PR]
by doopylily | 2007-08-19 07:57 | 記事

北朝鮮へのエクソダス

の筆者テッサ・モーリス=スズキ氏インタビューの概要:
見出し「日本政府にも推進した責任」(共同通信社配信、「こんにち話」より;2007.7.15 岐阜新聞、2007.8.8千葉日報)

・「在日朝鮮人や北朝鮮の要望による人道的対応」という通説に反し、1959からの帰国事業は日本政府の意志だった。
・生活保護の受給者が多く、犯罪率も高いというイメージがあったので「厄介払い」をしたいという動機が日本政府にはあった
・北朝鮮の動機としては経済計画のため労働力が必要だったこと
・韓国は事業に反対するだけで、(半島南部出身者が多いにもかかわらず)受け入れを拒否した
・米国は黙認した
・在日朝鮮人に対して国籍選択権・永住権・福祉などの権利を認めなかったので、「自由意志」とはいえない
・帰国事業に責任があるのだから元在日の脱北者が希望すれば受け入れるべき

内容は概ね正しいんだろうけど、そこから展開される主張には無理がありそう。日本政府側の動機が「自らの国益のため」だったとはいえ、そこに本当に在日朝鮮人たちの自由意志はなかったのだろうか。彼らが帰国後に直面した苦難の責任の大部分は北朝鮮当局にあるはずだが、それと帰国事業推進の責任とを同一視するのはバランスを欠いているのではないか。当時の左翼や朝鮮総連、そして朝日新聞などのメディアがこぞって宣伝した責任はどうなのか。

といったような点を差し置いて声高に「日本にも推進した責任」があるから、日本人妻以外の脱北者も全面的に受け入れろと言う主張はおかしい。この本を出版しているのは朝日新聞社だが、自分たちが「地上の楽園」と宣伝したことについて頬かむりしてよくもまあこんな書評(魚拓)を書けるものだ。まさにマスゴミだな。
[PR]
by doopylily | 2007-08-18 11:58 | マスゴミという産業廃棄物

しぶとい大陸人

金を取らなきゃ著作権侵害にならないという発想が笑えるが、執念とスピードには空恐ろしいものを感じる。うちにも中国から来てる人がいるが、非常に勤勉で優秀だ。こんなのが今後も増殖して、その数としぶとさを頼りにチャイニーズ・スタンダードを押し広めていくんだろうか。

中国人学生、1日でハリポタ最新作を翻訳 | Excite エキサイト
”中国人の学生たちがハリー・ポッターに魔法をかけた。ハリー・ポッター・シリーズの最新作『ハリー・ポッターと死の秘宝(仮題)』(J・K・ローリング)の英語版が出版されたわずか数時間後にその翻訳を完成させたのだ。中国日報が16日、報じた。

中国語の正規の翻訳は10月に発売予定だが、ファンはすでにさまざまな翻訳をネットからダウンロードしている。”

”著作権侵害を避けるためか、学生たちは次のような但し書きを翻訳につけている。
「ハリーを愛しているから本を訳したのです。金儲けのために利用するつもりはありません」”

(2007.8.21追加)
いい加減にしろwwww
原作者は激怒!ニセ第8章「ハリーポッターと中国帝国」発見―上海市(「レコードチャイナ」より)
” 2007年8月20日の報道によれば、上海のある出版社がハリー人気で一儲けしようと、「ハリーポッターと中国帝国(Harry Potter And The Chinese Empire)」と題する本を出版した。

中身はハリーポッターの登場人物と中国歴史文学の有名人をごちゃ混ぜにして、そこに中国の武侠小説と西洋魔術の要素を取り入れた、というお粗末なもので、中国のある無名の作者の作品。ハリーポッターシリーズの作者ローリング氏はこれに対し、法に訴える構えを見せているという。”
[PR]
by doopylily | 2007-08-17 20:15 | 記事