<   2008年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ほくそ笑む青学准教授

予定通りがどうか知らないが、順調に「社会問題」になって、ガッツポーズをしているんでしょうね。自らの発言そのものの適切さについては触れることなく、形式的な謝罪に終始しているわけで、本人的には「実質的勝訴」なのだろう。

<青学准教授>「光事件、死者1.5人」 ブログ記載で謝罪 [ 04月26日 12時20分 ]毎日新聞社
"同大の伊藤定良学長は25日、准教授に口頭注意するとともに、「記述が適切ではなく、関係者に多大な迷惑をかけた」と大学のホームページで謝罪した。"
"准教授も26日、個人ブログで「わたくしの発言によって傷ついた方たちに心からおわび申し上げる」と謝罪した。"
[PR]
by doopylily | 2008-04-26 20:40

オリンピックと聖火リレーを同一視する愚

聖火リレーなどオリンピックの宣伝以上でも以下でもないのに、五輪そのものと同様に扱ってるアホがいる。真鍮とフォーナインの区別も付かないような、あるいはわかってても同様に扱う詐欺師のような手合いだ。まして今回のは特に中国による壮大な政治ショーの色合いが強いが、それに協力しなかった寺を非難するクズがいる。何億もの警備費を浪費して何が平和の祭典だ。そんな政治ショーに何の疑問もなくへらへらと参加するランナーもランナーだが、そういう奴に限って「役割を純粋に全うしたい」とかほざきやがる。不愉快極まりない。

聖火、長野を走る 警備3000人、厳戒態勢 [ 04月26日 08時02分 ]
共同通信

”北京五輪の聖火リレーが26日、長野市で行われた。チベット問題を発端に世界各地で混乱し、長野でも善光寺が出発地を辞退。抗議行動も予定され、警察当局は3000人超の厳戒態勢を敷き、聖火は警備の壁に囲まれた。”
[PR]
by doopylily | 2008-04-26 09:54

祝・瀬尾佳美准教授

偏見交じりな素人考えながら、私大の准教授様としては、何とか将来の飯の種を探そうと必死なのではないだろうか。そのためには良かれ悪かれ、人の耳目を集めるようなことをなるべく多く打ち上げて有名になるのは必須。視聴率命のクズテレビマンの所作と似ていなくもない。
今回その一歩が踏み出せたわけで、瀬尾先生には一層のご尽力を期待したいと存じます。


「元少年殺されれば遺族は幸せ」 青学准教授ブログに集中砲火 [ 04月24日 21時12分 ] J-CASTニュース
”山口県光市の母子殺害事件判決について、青山学院大学の准教授が自身のブログに、「判事はテレビに洗脳された妻から影響」「元少年が殺されれば遺族は幸せ」といった内容を書き込んでいたことが分かった。ネット上で、被害者側に失礼だなどと批判の集中砲火を浴びている。”
[PR]
by doopylily | 2008-04-25 13:40

死を以って果たす始末

死刑制度は賛成だけど自分が死刑になるのは嫌だなどというのは総論賛成各論反対のありがちな心理で理解不能でもなんでもない。不可解なのは洞察力が足りないだけのこと。

残念ながら社会の矛盾が犯罪を生み出しているという構図は常に存在するし、今や死刑確実の元少年がまともに育てられてなくて、全うな人間にあらざる罪を犯すのもやむをえない面はある。しかし罪を犯したからには何らかの落とし前をつけなければならない。是とする落とし前のつけ方は各国で異なって当然で、日本の場合は未だ死を以って償うべき罪があるというコンセンサスが生きているから、死刑が刑事罰の一つとして残っている。世界の趨勢が死刑廃止だから、とか死刑は抑止にならないから、などと恥ずかしげもなく本質をずらしたところで死刑廃止論を唱えるのは世界市民幻想に酔ってる特殊な人かあるいはそれによって何がしかの利益を得る蛆虫なのだろう。

そして、9年に及ぶ審理の果てにこの元少年は死に値する罪だと司法が認めた。上記に示したようなことを考慮に入れれば、本村氏の「胸を張って刑を受けて欲しい」というのは偽らざる心境だろう。私も同様の気持ちを抱いている。執行の日が来るまで猛省に猛省を重ね、自分がしでかしたことの始末を受容して欲しい。

母子殺害元少年の「理解不能」発言 「死刑制度認める、でも死刑になりたくない」 [ 04月22日 19時20分 ]
J-CASTニュース

" 山口県光市の母子殺害事件で、死刑判決を受けた元少年(27)が「僕は死刑存置主義者」と死刑制度を認める一方、「判例になる以上、死刑は受けたくない」と述べていたことが分かった。"


最高裁判例から(その20) ~無期懲役判決破棄差戻し~①
(「鳥取県米子市の行政書士今田重治の日記 四季折々・・・ ”たまさか” 想いつく ままに」2006.6.22より)

死刑合憲との判断を下した最高裁の判例
[PR]
by doopylily | 2008-04-22 23:54

拝啓 野口悠紀雄様

こういう手紙形式の記事って、社会科教師くずれのあの人みたいで嫌なんだけど敢えて問いたい。あなたは毒ギョーザ事件に関連する記事の中で、食料安保論・自給率向上論の高まりに対して分散輸入を推し進めるべきだと主張されましたね(「食料自給率アップより「分散輸入」を進めるべきだ」サンデー毎日2008.2.24号)。現状のように国際的な需給逼迫局面に於てはすでにその論は破綻しているのではないでしょうか。自分の国の食料費が上がらないように、食料の輸出を制限する。また、いわゆる新興国の人口増で必要な食料が増えている。そんな局面です。もちろん石油が止まれば現代の農業は成り立たないと思いますし、原油高の現在に於ては「国土が狭く資源に乏しい」わが国のアキレス腱にたどり着くわけで、その点はご指摘の通りだと思います。しかし食料よりはエネルギーの方がどうにかなりそうな気がしますし(あくまで楽観的予測ですが)、生物として必要不可欠なものですから、やはり自国のくいもんは自前で用意した方が賢明だと思います。

<穀物輸出>世界各国で規制の動き 価格高騰…食糧確保 [ 04月22日 20時37分 ]
毎日新聞社

”世界的な穀物の高騰を受けて、世界各国で輸出規制の動きが広がっている。食糧の安定調達を懸念する農林水産省は輸出規制に歯止めをかけるため、世界貿易機関(WTO)に対し、規制を事前に審査する制度の導入を提案する方針を決めた。

 小麦や大豆の国際相場は、バイオ燃料への転用・転作や、新興国の需要増加で高騰しており、食糧確保のために輸出規制を導入する国が増えている。中国は小麦やトウモロコシ、ロシアは小麦や大麦が対象で、農水省が把握しているだけで規制導入国は世界の11カ国に上る。”
[PR]
by doopylily | 2008-04-22 23:18

所詮その程度の違憲判断

判決では原告の訴えを退けた上で、傍論で憲法判断を下すというスタイルは政府など当事者のみならず、法曹関係者や右寄りの法学者からも疑問や批判の声があげられている(link1)(link2)(link3)。そういうせせこましいスタイルで違憲判断など下すのは、自らの権威を低下させるものだと自覚して欲しいものだ。もっとせせこましいのはそれで鬼の首でもとったかのように騒ぎ立てる愚かなサヨクどもだがね。

<イラク活動違憲>「関係ねえ」発言で防衛省に抗議文 原告 [ 04月19日 21時18分 ]
毎日新聞社

 ”航空自衛隊のイラクでの活動の一部を違憲とした名古屋高裁判決を巡り、航空自衛隊トップの田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長が、お笑いタレントの流行語を引用して「私が心境を代弁すれば『そんなの関係ねえ』という状況だ」と発言したことについて、原告団は19日、防衛省に抗議文を送付した。近く田母神氏に面談を申し入れるという。”
[PR]
by doopylily | 2008-04-20 10:13 | 記事

非政治的な「表現の自由」には冷淡な朝日新聞

「殺すのも殺されるのも自衛官です」なるビラを住居侵入の罪を犯してまで配った活動家を精一杯擁護した朝日新聞も、こと非政治的なケースに関してはとても常識的な立場で報道するという一例。秋葉原の路上パフォーマンスが道路交通法の違反になりうることや近隣住民の迷惑になっていることは確かだろうが、表現の自由のためにはそのようなことは取るに足らないものではなかったのか(社説参照)。秋葉原の件について警察権力が介入することに関してももろ手を挙げて賛成すらしているように読める。バルザックの「ジャーナリズム性悪説」にもあるように今も昔も新聞など偏りに偏った存在なのだから(そのこと自体私は必ずしも非難はしない)、不偏不党だの敏速公正だの嘘臭いことを社是として掲げることなどはやめたほうが良いのではないだろうか。ちなみに同書には政治家を叩くには真実の追究や証明などより「まずは鉄槌、それからだ」という「法則」が紹介されており、それを読んだ時某新聞のでっち上げによる「NHK番組改変問題」を思い出した。「自分とは異なる意見や価値観を認め合い、耳を傾けることも求められている。そんな寛容さや度量を社会として大切にしていきたい。 」とまで言うのだからアキバパフォーマーを少しは思いやったらいかがかな、朝日新聞社説子殿。

アキバの歩行者天国に喝! 過激行動パトロールへ 2008年04月19日17時08分 アサヒ・コム

”世界有数の電気街を抱え、オタクの聖地としても知られる東京・秋葉原で、休日に実施される歩行者天国をめぐって騒動が起きている。女性の過激なパフォーマンスが一部で常態化しているためだ。警察官の見回りだけでは限界があるとして、大型連休に初めて警察や行政、地元商店街など町ぐるみで大規模なパトロールに乗り出すことになった。”

朝日新聞社説2008年4月12日
”自衛官やその家族が派遣反対のビラをドアの新聞受けから入れられて動揺したり、いやな思いをしたりしたというのは、その通りかもしれない。知らない人が勝手に敷地に入ってくれば、不安になるのも無理はない。

 ビラを配る側も、1階の集合ポストに入れたり、宿舎前で配ったりする気配りをすべきだったろう。

 しかし、だからといって、いきなり逮捕し、2カ月余りも勾留(こうりゅう)したあげくに刑事罰を科さなければならないほど悪質なことなのだろうか。度を超した捜査や起訴をそのまま追認した最高裁には、失望してしまった。

 気がかりなのは、今回の最高裁判決で、ビラ配りなどがますますやりにくくなり、ひいては様々な考えを伝える手だてが狭まっていくのではないか、ということだ。これでは社会が縮こまってしまう。 ”
[PR]
by doopylily | 2008-04-19 18:58

まさに Janus

Tribune wire reports  chicagotribune.com 12:24 PM CDT, April 8, 2008
シカゴトリビューンのこの記事によると
"The baby, Lali, apparently has an extremely rare condition known as craniofacial duplication, where a single head has two faces. All of Lali's facial features are duplicated except for her ears--she has two. Otherwise, she has two noses, two pairs of lips and two pairs of eyes."
とあり、頭は一つで鼻・唇・目が二組あるとのこと。CTやMRIの像を示した論文があって
(Radiology 誌 2003;226:210-213)、それによると1884年以来35例の報告があるのみ。
脳は一つなのでおそらく人格も一つなのではないかと思う。しかしもしこれで人格や記憶をつかさどるような部分が二つあったら、常に脳内で「二人」が会話するような状態になるのだろうか。
インドで2つの顔を持つ女児、「神の生まれ変わり」の声も | Excite エキサイト
"インドの首都ニューデリーから55キロ離れた当地で誕生した2つの顔を持つ女の赤ちゃんが注目を集めている。報道によると、赤ちゃんの健康状態は良好で、地元住民からはヒンドゥー教の神の生まれ変わりとして崇拝されている。"
[PR]
by doopylily | 2008-04-11 18:33

頭(かしら)の存在意義

組織のトップなんて不祥事なり何なりの際に腹切ったり私財を全て投げ売ったりとかそういう用途で配置するものだろう?たっぷりと退職金もらったまま天下ってさらにウマーじゃ誰も納得しないよね。失敗しても誰も責任を取らされない官僚と、その言いなりになる低脳政治家と、それらを選出してしまうどこか他人事で根拠のない楽観論にどっぷり浸る国民。それで破滅しかかったのに戦前から何一つ変わっていない。

退職金は平均6200万円 最高8000万円、社保庁長官 [ 04月08日 19時31分 ]共同通信

”社保庁の歴代長官14人の退職金が平均で約6200万円に上ることが8日、分かった。
…ほとんどが関連団体に天下り。”
[PR]
by doopylily | 2008-04-08 20:59

ところ変われば品も変わるヨニューム

”確かに、この事態に何も声明を発したり、行動を起こさない日本政府も悪い。それ以上に、事件の報道すらしない日本のテレビは最低だ。だが、いつも思うことは、他の国は何をしているのだろうかということであり、特に欧州の市民はなぜパレスチナを救う運動を本格的に起こさないのだろうという疑問である。…環境問題にはあれほどナーバスなのに、中東の人権問題には敏感に反応しない。”
「第五次中東戦争と国連の欺瞞 - ガザの犠牲者も自己責任か」、世に倦む日日、2008-03-05 23:30

というテサロニケ大先生の指摘は今後世界が目指すべき道しるべとなると思います。当然、反中派の愚者たちを斬った返す刀でチベット人の弾圧をフンサイするのでしょうね。
五輪の政治利用は鼻白みますが、大先生も指摘されている如くチベットにも存在する人権問題のため、日本政府は声明を発表し、行動を起こすべきです。マスゴミは情報遮断をものともせずチベットに潜入し報道するべきだし、人権問題にナーバスな欧州市民の運動姿勢そのものは高く評価するべきです。

<欧州議会>五輪開会式「欠席決議案」採択も [ 04月08日 12時43分 ]毎日新聞社
”【ブリュッセル福島良典】欧州連合(EU、加盟27カ国)の欧州議会は、中国政府がチベット自治区情勢をめぐりチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世との対話に応じない場合には、加盟国首脳に対して、北京五輪開会式のボイコットを呼びかける決議案を9日にも採択する見通しとなった。ロイター通信が伝えた。”
[PR]
by doopylily | 2008-04-08 14:17 | 記事