<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

狭義の「ボランティア」で喚くお子様たち

なんともまあ狭い了見で居丈高に他者を非難する餓鬼どもが多いこと。。
もちろん「ボランティア」という言葉に「無償で行う社会貢献活動」という意味はあるが、
単なる無償奉仕、有志、篤志、義勇兵とい意味もある。元々の”Volunteer”には自発的に(≒報酬の有無を問わず)活動を行うことなのだから。狭義の「ボランティア」と違うからといってぎゃあぎゃあ喚くアホがのべ3000人もいることを憂慮するものである。
「私のこころはすごく悲しいです」 ブログ炎上に高樹沙耶が綴る [ 06月27日 20時52分 ]
J-CASTニュース

”高樹さんが千葉県南房総市にオープンさせるカフェ「風流」のため、2008年6月23日付日記でボランティアを募集したことだった。日記では、近くの鴨川市で収穫された稲わらで作ったストローベイルを使って、カフェを造りたいと明らかにした。そして、わら積みのほか土塗りをする手作業で一般参加者を募るとした。現在は、木造平屋建てにするカフェの基礎工事中という。”

”カフェの営業を目指しているのになぜただ働きをさせるのか、という批判が多く、かなり過激に高樹さんを罵倒するような書き込みも多かった。”
[PR]
by doopylily | 2008-06-29 08:37

クルアーン

一般的には「コーラン」と表記され、そのように発音されるのがイスラム教の教典である。
サウジアラビア大使館とゆかりのアラブ・イスラーム学院のサイトによると、「クルアーン」と表記されているし、そのように聞こえる((アル=)クルアーン’al-qurān(u) )。また、日本イスラム教会という、日本初のイスラム教宗教法人も「クルアーン」と表記している。つまり、アラビア語での「コーラン」は、発音的にも、ステイクホルダー的にも「クルアーン」と表記するのが妥当。

一方、英語的に表記し発音すると「コラーン」というのが最も近くなる(出典: American Heritage Dictionary of English)

以上のことから、イスラム教の聖典を日本語で表記し発音する場合には「クルアーン」とするのがもっとも原語に近く、どこかの知ったかぶりが主張するような「コラーン」というのはむしろ誤った英語読みに近いといえる。
[PR]
by doopylily | 2008-06-28 00:40

老人はPC音痴という偏見

3歳筒井康隆ブログ開始 偽文士演じてみたくて…… [ 06月25日 20時45分 ]J-CASTニュース
”SF作家の巨匠・筒井康隆さん(73)がブログを開始した。70歳を超えたベテランの小説家がブログを書くことは珍しいが、”
振り込め詐欺被害で悪用された口座の検索ができるようになったというニュースを報じたワイドショーで、頭の悪そうなコメンテーターが「老人ではパソコンの操作ができないから有用性に疑問がある」旨の発言をしていた。実際には被害にあったら今までどおり銀行なり警察署なりに連絡すれば済むはずなのだが、例のコメンテーターはそんなことには全くタッチしない。
それはいいんだけど、経験上老人だからPCなりインターネットができないというのは誤りだ。十分な時間と平均的な知能を有する人ならそれなりには使いこなせている。ブログを書いている人もいる。それを「珍しい」と断定するのはあまりに早計に過ぎる。
[PR]
by doopylily | 2008-06-26 00:38

恥を知れ、カメラ猿ども

飛行機内で救命中、傍観乗客の視線と写真撮影でPTSDに 2008.6.25 09:08 産経ニュース

何も出来ない・するつもりもないなら黙ってひっこんでりゃいいのに、やんやとはやし立てた上携帯やビデオで撮影するとはあきれ返るばかりだ。秋葉原の事件でもそうだったが、こういう非日常的な出来事に遭遇すると何はさておきカメラに収めないと気が済まないクズが増殖しているようだ。

"…女性は会社員。救急法の指導員資格があり、機内で倒れた男性に独りで人工呼吸や心臓マッサージをした。男性は呼吸が戻り、規則的な心拍も回復して命を取り留めた。この間、多くの中高年の日本人男性乗客らが「テレビと同じ」「やめたら死ぬんでしょ」と携帯やビデオで撮影。女性は中年男性が集まる場所で過呼吸症状が出るように。"

もう一つ疑問なのはこれ。

"客室乗務員は手伝わず、AEDを頼んだが、持ってこなかったという。"

これが事実だとすると、職務怠慢といわれても仕方がないだろう。ただただ機内で給仕するしか能がないのならとっととやめてしまえ。

*追記
鳩山法相を死神と揶揄した「素粒子」が、犯罪被害者の会からの抗議を受けた。他者の痛みや心情などどこ吹く風で平然とペンによる暴力を加える朝日新聞(に限らず、日本のマスゴミ全て)とこの野次馬の中高年どもの姿勢はどこか似通っている。
[PR]
by doopylily | 2008-06-25 09:33 | 記事

被害517人

(某ガスによる)自殺急増、今年1~5月で517人、asahi.com2008年6月19日13時58分
(某ガスによる)”…自殺が今年1~5月で489件、517人にのぼったことが19日、警察庁のまとめでわかった。昨年1年間の27件、29人から急増した。4、5月の自殺者はそれぞれ約200人にのぼり、20~30歳代が全体の7割強を占めた。同庁は「インターネットなどで市販の薬品を使ったガスの発生方法が広がった」とみている。”
インターネット上の情報は以前からあったわけで、急増したのはマスゴミが仔細に渡る報道を連日繰り返したことによるのは自明。いい加減学習しろ、ゴロツキどもめ。
[PR]
by doopylily | 2008-06-19 15:39

恩恵を受くるは文化庁と権利者団体ばかりなり

「JEITAの見解は独善的」――補償金めぐり権利者側が再び公開質問 [ 06月17日 13時32分 ] IT media News

「はじめに文化ありき」などとご大層なキャッチフレーズを掲げている彼らであるが、彼らが居丈高に自らの権利を叫ぶごとに違和感と胡散臭さを感じさせる。その欺瞞については、池田信夫氏のブログ(IT & Economics池田信夫 blog、「iPod課金は「消費者保護」に逆行する」)で痛快に喝破されている。

「…それ以外の著作権料を廃止するのなら話は別だが、現状では著作権料の二重取りになる。」
(上記エントリより抜粋)

要するに、崇高な理念とは裏腹に自動的に集金できるシステムをどこまでも強欲に張り伸ばし、既得権益の維持に血道をあげているに過ぎないのだ。

記事は以下の通り
” iPodやHDDレコーダーに補償金を課金すべきでないとする電子情報技術産業協会(JEITA)の見解を受け、権利者側の89団体は6月16日、JEITAに対して公開質問状を送ったと発表した。

 質問状を送ったのは、日本音楽著作権協会(JASRAC)など28団体が参加するデジタル私的録画問題に関する権利者会議と、日本芸能実演カ団体協議間に加盟する61団体。

 JEITA の見解について「長年にわたる私的録音録画小委員会での議論を無視するような見解。著作権法の趣旨を曲解した独善的な意見であり、国民に誤解を与えるものと言わざるを得ない」と批判。「JEITAの見解の真意をただす」として、8項目の質問に回答するよう求めている。

[PR]
by doopylily | 2008-06-17 16:27 | 記事

Andare ramingo come Caino

「地上の楽園とだまされた」脱北者女性が朝鮮総連提訴2008年6月13日13時41分 Asahi.com
”北朝鮮への帰還事業で同国に渡った後、苦痛を受けたのは「地上の楽園」とうたって事業を支援した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の責任だとして、脱北者の女性が13日、朝鮮総連に慰謝料など約1100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。”

”…官民あげての事業を、当時の新聞報道も「国交がなくても帰りたい人を帰すべきだ」などと後押しした。”(太字強調は doopylily)

2008.6/12付けの夕刊フジで花田氏も指摘しているが、当然のごとく「後押しした」のは朝日新聞も含まれる。何せ「ばく進する北朝鮮」だの「一切保障された職と生活」などと思いっきり「地上の楽園」っぷりを宣伝している(「朝日新聞の真実」サイトより)。イタリア語の言い回しで、「カインのように彷徨う」とは良心の呵責に苛まれることを指すが、最後の一文にそろりと混ぜているのはアリバイ作りのためもあろうがやはり後ろめたく思っているのであろう。また、segno di Caino (カインの印)とは大罪人に押される焼印のことで、恥辱のしるしである。地上の楽園に送り込まれた人の中には、この訴訟を起こした人のようにカインの印を押された者も少なくないと思う。

参考
「『地上の楽園』宣伝し続けた朝日の汚点?」さばびあ~んでいこう

そしてここにも彷徨うカインがいる。

北朝鮮がよど号犯引き渡しに協力 政府は制裁措置を一部解除 [ 06月13日 16時27分 ]共同通信
”高村外相は13日午後、日朝実務者協議で、北朝鮮が日航機よど号乗っ取り犯グループの引き渡しに協力すると表明した上で、安否不明の拉致被害者の再調査を実施する考えを伝えてきたことを明らかにした。”
[PR]
by doopylily | 2008-06-13 17:34 | マスゴミという産業廃棄物

居心地の悪さ

この事件に関していろいろ報道されてて、短絡的にオタク文化や凶器の規制、格差社会といったキーワードで安易に図解して見せる言説もネットでは飛び交っている。その中で気になったのは下記のくだり。

<秋葉原殺傷>大丈夫や!…惨劇の中、応急処置 徳島の医師 [ 06月11日 11時40分 ]
毎日新聞社

”…周囲の店員や通行人らが、負傷者の処置を手伝ってくれた。一方、救助を手伝わないで負傷者をのぞき込んだりするだけの人も。「殴ろうかと思った。最悪です」と憤る。”

もちろんいきなり救急措置をやれといわれても躊躇い身をすくめるのは当然だし、パニック状態の中で人助けをやるというのは難しいだろう。しかし、事件を報道するレポーターの背後で意味不明ににやにや笑っていたり、一心不乱に書き込みをしたり写真を撮ったりする人を見るにつけ、何か違和感というか嫌悪感を感じた。正直、犯人よりもこんな人たちが多い社会の方が背中寒く、居心地が悪い様に思える。
[PR]
by doopylily | 2008-06-11 15:08 | 記事

「医は仁術」という欺瞞

対句としてほぼ100%「医は算術と成り下がった」という嘆きが付いてくる。損得勘定をどことなくよしとしない日本人的心理をついたペテンと言うほかはない。医療を仁術と定義しようが魔術と定義しようがどうでもいいことだが、医療経済に関する議論そのものを封じるにあたり絶大な効果を発揮する。もちろんこの欺瞞を弄するのは、破綻寸前の医療費収支という現状から「金だせる奴は応分の負担をしろ」という世論に傾くと困る人々である。つまり、なんだかんだと理由をつけて自分の財産を防衛すべくぎゃあぎゃあと騒ぐようなご老人方である。

おりしも与党側から妥協案として高齢者の「マル優」復活が提示されているがこれなどは語るに落ちたというほかはない。そのような優遇措置を受けると言うのはすなわちそれなりに財をなしていなければ対案にすらならないカテゴリーの案だからだ。後期高齢者医療制度が、「惨めな貧乏爺婆」いじめというよりは業突張りの、墓場まで財産を持っていこうとする豚のような老人から搾り取ろうとする極めて合理的な案だといえる。
[PR]
by doopylily | 2008-06-05 00:42

日本の個人金融資産の 54.4%は60歳以上が保有

金持ち老人は少数なので後期高齢者医療制度けしからん、と感情むき出しで噛み付いてきているようなのでデータを示す。こんなに財産抱え込んでるのに、退職後で「収入が少ない」から税制優遇しようだの、医療費を安くしようだのいった世迷い言を真に受けるのは純粋電波ちゃんか、必死に虎の子を守ろうとしている当のご老人たちぐらいのものでしょう。「小言幸兵衛」のコメント絶賛受付中!

"Financial Trends" 第一生命経済研究所 経済調査部
「…個人金融資産の54.4%を60 歳以上が保有している。また、年代の範囲を50
歳以上でみると、集中している割合は実に78.1%に達する。」 (p2)

「Easy Small World: 大前流心理経済学 貯めるな使え!」より
「普通の国なら、収入が減る高齢者になれば金融資産も減るのが常識だが、
 日本では最も多くの金融資産を保有しているのが高齢者層である。
 一人平均3500万円もの資産を抱えたまま、あの世に逝ってしまう。」

金融市場展望と投資戦略 -- 山内 一三 レポート No.102 -- 2004年9月号
「…株式バブルがピークであった1989年から2003年の14年間に個人金融資産は1001兆円から1400兆円に増加しています。その間に世代別では、世帯主が60歳以上の世帯の所有比率は38.4%から54.6%へと急速に高まり、50歳台世代の所有比率は25%で横ばい、40歳台世代の所有比率は24.3%から12.8%へ半減しています。今後数年のうちに団塊の世代が60歳に達すると、退職金も含めて70-100兆円の金融資産が60歳台世代に移るとみられ60歳以上の世代所有比率は60%を越えると見られます」 (p1)。
[PR]
by doopylily | 2008-06-04 13:44