<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ありえん

”「人件費は個人情報なので本来公開すべきものではない」とした。”
太田農相、事務所経費の内訳公開 領収書は「9割」2008年8月29日 11時46分共同通信
[PR]
by doopylily | 2008-08-29 15:45

姫井由美子離党を寿ぐ-涙目ブロガーの空虚な自尊心+まず自分のアブナサを心配しろ+グルジアやばいマジや

「有名政治家とのつながり自慢」ついでに持ち上げいた、あなたのぶってぶって不倫姫が民主党やめちゃいまちゅよーどうちまちゅかー?

世に倦む日々 「江田五月からメールをもらった頃 - 姫井由美子当選を寿ぐ」 より
”彼女は二部の学生だから、恐らく顔を合わせたことはない。でも、テレビでの受け答えを聞いていると、彼女の聡明さが伝わってくる。頭がいい。すぐにわかる。その知性と聡明さは、東京の人間がすでに失ったものだ。”



<民主党>3氏離党で攻勢前に痛手 与党は歓迎 2008年8月28日 21時29分毎日jp
"…公然と「小沢批判」をしてきた両氏を中心とする新党結成の動きは急だった。27日夜、民主党の姫井由美子、無所属の荒井広幸、松下新平3参院議員を東京都内のホテルに集め、新党結成の段取りを決めた。"
[PR]
by doopylily | 2008-08-29 09:32

となりの●●●

<太田農相>事務所費問題で「指摘受け止める」2008年8月26日 11時21分毎日.jp
"太田誠一農相の政治団体「太田誠一代議士を育てる会」が05、06年の2年間、政策秘書(現・農相秘書官)の自宅(東京都目黒区)を事務所として届け出て、経常経費計2345万円を計上していた問題で、太田農相は26日、閣議後の会見で「問題があるとは思っていない」との見解を示した。一方で「指摘は受け止める」とも述べ、事務所の所在地を移転させることを示唆した。"

「問題があるとは思っていない」
とのことですが、この事務所のお隣さんはあの池田信夫氏。その実態についてさっそくエントリーが上がっている(太田誠一氏の「政治団体事務所」は隣の家だった)。

”…私は隣に7年間住んでいるが、この家で政治活動が行なわれている形跡(ポスターなど)を見たことがない。そもそも家族以外の人がこの家に出入りしたのを一度も見たことがない。”

”「備品・消耗品」として太田氏側は「事務用品の購入費やガソリン代」と説明しているようだが、大家さんがマイカー以外に選挙活動用の車を使っていた形跡はない。”
[PR]
by doopylily | 2008-08-26 14:02

偏見を助長しかねない記事

明示しているわけではないが、容疑者が精神科通院患者であることに焦点を絞りあたかもそれが原因であるかのように印象付ける記事。締めくくりも通院先である病院の対応に言及している。無論、自傷他害の恐れのある者は放置するわけには行かないだろうが、現時点でこの容疑者がそうであったかは不明だ。
「精神障害者は危険」は差別意識がなせる誤認の最たるもの
”むしろヒステリックなのは、センセーショナルな状況の虜となって、自由な思考を保てない人たちではないだろうか。それは、ワイドショー的な舞台で「情宣活動」を行うコメンテーターのことであるし、それを批判的に咀嚼せず鵜呑みにしている視聴者にもいえるように思う。今回、感情論だけにとらわれた横暴が、あまりにも目立っている。
マスコミの報道は一過性ですが、精神医療利用者に対する偏見と憎悪を人の心に永続的に残します。
玉川洋次「精神障害者と犯罪統計」
”警察庁や法務省、あるいはその尖兵の役割を果たしている「研究」者が、「精神障害者が凶悪犯罪を犯しやすい」というのは、これとおなじことであり、意図的、操作的な誤りである。暗数や冤罪を意図的、操作的に隠蔽した統計数字とは、あたかも科学的な数字として用いることによって、その実、精神障害者に対する差別、偏見をあおるための虚構にほかならない。”


<殺人>通院患者が2人刺殺し逮捕 広島2008年8月26日 11時49分毎日.jp

”同病院に通院している無職男性(36)を殺人容疑の現行犯で逮捕”
”今後の対応について川村事務部長は、「外来可能かどうかの判断基準を含め検討したい」”
[PR]
by doopylily | 2008-08-26 13:42

病院で亡くなった人は包み隠さず正面から打って出せ

変態報道で有名な毎日新聞が再度一部ネット住民を沸かしている。
洛書き帳:「病院には遺体に対して『不浄』という意識がある」… /京都2008年8月10日 毎日新聞地方版
” 「病院には遺体に対して『不浄』という意識がある」。先日ある取材で医療関係者がそう打ち明けた。かつて彼がいた病院では、患者が亡くなれば地下の安置室に移し、裏口のドアから外に出していたという▼「死」を人目に触れない場所に隠す意識が働くのだろうか。どこか死者を冒とくしている気がして薄ら寒くなった。”
”…患者が亡くなれば病室でお別れ会をし、顔にハンカチをのせることなく玄関から送り出す。”

死や、死にまつわるものを不浄とみなすのは病院の特殊な習慣というよりは、民俗学的あるいは宗教的な背景を反映したものと思われる。そして遺族の側としても不特定多数が訪れる大病院の正面玄関を通ってお見送りなどしたくはないだろう。また様々な背景を有する患者側にしても遺体が包み隠さず目の前を通過されたらあまりいい気はしないだろう。ちょっと考えればわかりそうなものだが、この記事を書いた記者は短絡的に死者への冒涜と断罪している。
もちろんせんねん村のように、「死を人の目から遠ざけるなど特別なものとして扱わない」という理念のもと誰もが目にするところに霊安室を置いているところもある(地域共生情報 2002年5月号 「せんねん村施設見学会報告」より)。また、裏口のようなところではなく、亡くなられた方を送り出すのにふさわしい出口にして欲しいというような要望もある(「市民の皆様からの ご意見と神戸市の考え方」より
。しかしこれはホスピスや特養など特化した施設で、関係者のコンセンサスが得られるような特殊な場合で、一般的な病院にはそぐわないのではないか。

「内科開業医のお勉強日記」ではブログ主が怒り心頭だ。「…現実と解離した記者のねつ造とある特異的思想の植え付け」いやまったくおっしゃる通りです。

佐々木俊尚 ジャーナリストの視点 毎日新聞社内で何が起きているのか(下)によると
毎日新聞の中の人が氏を「社内の事情も知らないくせに妄想を書きやがって」などと非難しているようだが、妄想を書いているのはどちらなのかは自明であろう。
[PR]
by doopylily | 2008-08-11 20:11 | マスゴミという産業廃棄物

uzura某なら

当然この女擁護するよね?メモ用紙に何か書くのは表現の自由で無制限に保護されてるんだから、「業務妨害」でこの女を逮捕した警察の行為は不当で憲法違反なんだよね?
<殺人予告>ロックフェスで知人に手紙…容疑の女逮捕 茨城2008年8月1日 11時19分毎日.jp

"…7月に数回にわたり、「8月のROCKINJAPAN FESの会場で秋葉原みたいな通り魔殺人を行う。ナイフで刺しまくる」などと書いたメモ用紙や手紙を投かんし、県警の警備を大幅に増員させて業務を妨害した疑い。"

※以下はゆめブログ by uzura55520 より抜粋
「コワイコワイ症候群」より
”テロが怖いぞ、犯罪が怖いぞと脅して 警察がどんどん力を強化していく、市民は憲法違反のやりかたで逮捕連行されても文句を言えない、このことのほうがよほど恐ろしい、”

「憲法は死んだ」より
「都迷惑防止条例」で多いのは、卑わい行為? | Excite エキサイト

「地獄のような国と千代田区」より
”若者が踊っただけで逮捕連行、歌っただけで逮捕連行、をやった憲法違反の千代田区長と警察署長、おまえたちはこの美しい日本を中国や北朝鮮にしたいのか!”

「これはテロなんかじゃない」より
”テロ、テロと騒いで市民に対する憲法違反の身体検査までやっている当局は大喜び。”
[PR]
by doopylily | 2008-08-01 13:44