<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カストロ元議長のWBC寸評

粗悪品のようなガセ祝辞(「無題」 、バカ野郎。 ブログより)が2ch から出回っていたが、結晶から一夜あけて本物が公表された。

(一部抜粋して訳してみた)
次の日、3月23日のロサンゼルス日中午後6:30、キューバでは午後9時半に日本と韓国の決勝戦が行われた。韓国は後攻で、WBCにおいて日本を二回負かした投手を使うという誘惑に抗することができなかった。1,2失点で球は速く、ストライクを取るよりはカーブを投げる投手で日本の専門家やバッターによく調べ上げられていた。今回は前日の米国チームのホームランの丸写しで、最初のピッチでホームランを打たれた。もう一方のアジアの巨頭にとって恐ろしいスタートだった。それにもかかわらず、二つのチームの質の高さを表すように、プロ野球選手同士による、考えうる限りの最接戦となった。日本の先発投手は岩隈で、7回と2/3イニングを投げた。その内のいくつかのイニングで10球未満で抑えていた。4回では依然として日本1-0でリード、5回には韓国のホームランで同点。7回には日本は三連続ヒットで2-1となった。8回にさらにもう一点入れ3-1。まさにそのイニングの最後に韓国は得点し、3-2となった。9回には日本の最優秀右投げ投手であるダルビッシュが二人歩かせ、勝利まであと二つのストライクというところで韓国のヒットにより同点となった。10回には二人の走者を迎え入れ、5-3で勝利した。疑う余地もなく世界最高の打者であるイチローに率いられた日本チームは18本のヒットを打った。

短くまとめるとゲームは上記のようであったが、難しい局面に満ち溢れた攻めるも守るも見事なプレイでストライクアウトも佳し、テンションも10イニングを通じて高かった。
私はスポーツコメンテーターではなく、政治的な事柄について書くことから外れることはない。それが私がスポーツについて注目する理由で、昨日起こったこのとても重要な対戦について昨日言及しなかった理由でもある。全ては数日前に語られ予想されたことなのだ。西側メディアの友人諸君、多かれ少なかれ君たちの言うところの社会主義の難点に結びつけて強調するようなネタは(今回は)ないだろう。
It had all been said ( Reflections of Fidel
on Digital Granma International);2009年3月24日付


”…On the next day, March 23, at 6:30 in the afternoon, in full daylight in Los Angeles and 9:30 p.m. in Cuba, the final game between Japan and Korea was played. ”

”…Led by the man who is, no doubt, the best batter in the world, Ichiro Suzuki, the Japanese had 18 hits.

In a few short lines, that is how the game evolved, but it was full of complicated situations, spectacular offensive and defensive plays, hugely important strikeouts, keeping the tension and emotions high throughout all 10 innings.”
[PR]
by doopylily | 2009-03-27 00:52

献金が表現の自由(笑)

今回の捜査は国策捜査で、小沢氏へ清い献金を渡すという表現の自由を損なうものだ、とまでいって擁護なさっている方もいました。あなた方の言う表現の自由とは村八分を恐れてお金を巻き上げられる自由ですか?(笑い)

<西松建設>元幹部「小沢氏側の横やり恐れ、献金」 2009年3月17日 02時30分 毎日 jp on
Excite エキサイト : 社会ニュース


"「西松建設」の元幹部らが「小沢氏側から公共事業受注に横やりを入れられるのを恐れ、多額の献金要請に応じざるを得なかった」"

"その後も毎年2500万円前後の献金を続けた理由については「小沢氏側のゼネコン業界への影響力は無視できない。強い献金の要請を断って、業界から外される事態を防ぐため、献金を続けざるを得なかった」"
[PR]
by doopylily | 2009-03-17 09:07

クローン牛のつくりかた

遺伝子の操作を行っておらず、種々の検査から同等であることが確認されているので、クローン技術で作られた家畜は安全だ、と彼らはいう(「体細胞クローン動物に関する状況について」、食品安全委員会のサイト)。そのメリットは優秀な性質を持つ家畜を効率的に生産するところにあるのだろう。消費者にとっては、そのことで安くあるいは安定して供給されるというところにあるのかもしれない。構造としては「同等と認められた」安いジェネリック薬を何の疑問もなく受け入れるのだから、食糧危機時代の福音かと捉えられると思ったらさにあらず。ひたすら怖がる可哀想なもいる。

その個体について言えば確かに安全なのだろう。もしこれが通常の手段で産生される家畜よりメリットがあるのならば、究極的には一種類のクローン牛に収束していくことになるはず。そうなった場合の方がむしろ恐ろしいのではないか。気の遠くなるような時間をかけて、生物が多様性を獲得してきたことの意味をもう一度考えたい。


クローンの牛と豚は「安全」 食品安全委が答申原案 2009年3月12日 16時23分 KYODO NEWS on Excite エキサイト : 社会ニュース

"体細胞クローン技術でつくられた牛と豚、その子孫の食品としての安全性を検討してきた内閣府の食品安全委員会は12日、「通常の牛や豚と同等に安全」だとする答申原案を公表した。"
[PR]
by doopylily | 2009-03-12 19:24

同じようなことをJTシンパらしい森永卓郎が言っていたが

「タバコをやめると3年ほど長生きするからその分年金などがかかってしょうがない」
というようなことを新聞紙上の対談で森永卓郎が言っていた「たばこ増税、規制は妥当か」  インタビュー  (08/12/14)。もちろん喫煙で増加する肺疾患(肺癌のみならず肺気腫 ・慢性気管支炎も)、冠動脈疾患、脳血管疾患に要する医療費に関しては無視している詭弁なわけで、医者がそれ言っちゃおしまいというのは確かにある。しかしこんな無名の医師より「著名な」森永氏の発言のほうが影響力は大きいいだろうにそちらが不問に付されているのはどういうことか。


<川崎の医師>講演会で「どんどん吸って早く死んで」2009年3月12日 02時30分 ( 2009年3月12日 08時28分更新 )毎日.jp on Excite エキサイト : 社会ニュース


”川崎市立井田病院(中原区、関田恒二郎院長)の男性医師(55)が、7日に富山市で開かれた講演会の質疑応答で「禁煙が進むと医療費がかさむことは明らか。どんどん吸って早く死んでもらった方がいい」と発言していたことが分かった。”
[PR]
by doopylily | 2009-03-12 08:50

ニューディール政策

債権デイリー 2009.1.27付け、三菱UFJ証券より
”「大型公共事業で大恐慌からの脱出に成功した」というニューディール政策のイメージにはかなり誤解がある”
”「社会保障法や銀行法の制定など現在の米社会構造の基礎を形成したが、経済の需要回復は戦時経済に突入するまで実現しなかった」というのがニューディール評価のコンセンサスだろう。”

ニューディールが大恐慌を長期化した「池田信夫 blog」 より
”…最近の実証研究はおおむね1930年代の需要刺激策に効果がなかったことを示している。これは1990年代以降の日本のバラマキ政策の経験でも明らかだろう。”


悲観主義?批判主義? での
”ぶっちゃけ手っ取り早いのは公共事業だと思うんですよ”
”アメリカだってやってるし、そんなに悪くないんじゃないの、と思うんですけどどうなの?効果ないの?経済政策として本当にダメなの?”

常識的な感覚では↑の通りだし、にわかケインジアンや乗数効果を唱える「専門家」がいるのも事実。しかし90年代の日本で自らに実験を行ってその有効性が怪しいどころか害が大きいことを実感しているはずなのに、何ゆえその実感が無視されるのかわからない。また、「マネーゲームに熱中した米国はけしからん、日本はものづくりの原点に立ち戻るべきだ」みたいな懐古調の意見も根強い。しかしそもそもその原点とやらは、よその国がけしからん贅沢をやめたら大コケして大ダメージを受けてしてしまう脆い基盤であるに過ぎないことは今回の件で明らか。よかった時代を懐かしむ気持ちはわかるけど、その当時のやり方でずっとやっていけると思う方がどうかしている。「有効需要」喚起のためだけの公共事業をやるぐらいなら、いっそ法人税をゼロにして資本を集めた方がよほど展望が開けそうな気もするが。
[PR]
by doopylily | 2009-03-05 01:06